脂肪肝の治し方におすすめのサプリ!

 

脂肪肝の治し方!最重要は減量にあるの?

 

 

脂肪肝の原因のほとんどが肥満やアルコールからきているため、アルコールや食べる量を減らすことが脂肪肝の改善につながるといってもよいでしょう。食べる量を減らすといっても、大切な栄養素を減らしてはいけません。極端な食事制限をすると、リバウンドが起こって逆に脂肪肝になってしまう可能性が高いのです。正しい減量を行うには、どうしたらよいのでしょうか。

 

肥満の指標を知る

 

肥満を測る国際基準として、BMI値が活用されています。体重を身長×2で割ると、BMI値を計算できます。正常な指標は18.5〜25で、これより下回ると痩せすぎ、上回ると肥満となります。理想の数値は22くらいですから、これを目標として体重管理をしてみましょう。自分の肥満度を知っておくと、減量を行いやすくなります。痩せすぎても脂肪肝の危険性が高まるので、数値で気をつけることができるはずです。

 

脂質と糖質を控えめに

 

脂質と糖質のとりすぎが、脂肪肝につながります。もちろんアルコールの飲みすぎもよくありませんが、アルコールを一切飲まない人でも脂肪肝になる可能性はあるのです。

 

脂質にも種類があり、体内で燃焼しやすい脂質と蓄積されやすい脂質に分かれます。どうせとるなら、動物性脂肪よりも魚などの脂肪をとるほうが燃焼されやすい栄養となります。

 

糖質も、お菓子以外の食品にも含まれることを意識しておきましょう。全く食べないのもストレスになってしまうという人は、量を制限して食べるようにしてみませんか?

 

減量を始めてみると、体が軽くなるだけでなく、様々な体の機能がスムーズに働くようになってきます。肌荒れなどもなくなり、髪もきれいになって美容にもてきめんの効果が出てきますよ。できるだけ積極的に体を動かすことも減量のための大きな要素となりますから、運動不足を自覚している人は頑張ってみてください。

 

脂肪肝と診断される数値

 

肝臓病は、生命の危険につながる可能性の高い病気です。そのため、健康診断で出される数値の把握は、しっかり行っておくようにしましょう。肝臓の数値を知っておけば、病気の早期発見早期治療にもつながります。脂肪肝の場合は、どのくらいの数値が危険信号になるのでしょうか。

 

血液検査と画像検査

 

脂肪肝は、放っておくと脂肪性肝炎から始まり、肝硬変を経て肝ガンへと進むことがあります。肝臓細胞の3割以上が脂肪化していると、脂肪肝と判断されます。検査には血液検査のほかに画像検査などが用いられますが、中でも血液検査でわかる数値には注意しておきましょう。

 

脂肪肝では、ALT(GPT)やAST(GOT)の数値が高くなってきます。大体、50〜100くらいにまで上がってくると、脂肪肝の疑いが高いです。他にも、γ-GTPなどの数値が高いと、脂肪肝に要注意となります。

 

血液検査で安心の範囲でも

 

中には、血液検査では大丈夫だったけれど、画像検査を行ったら脂肪肝だったとわかる人もいます。そのため、総合的な診断を行うために、肝臓病が心配な人は血液検査にプラスして専門的な検査を受けることが必要です。

 

通常の健康診断で受ける血液検査でも、中性脂肪やコレステロール値に黄色信号が出てくる人がいます。一言それらの傾向があると記入されているだけでも、そこから脂肪肝に移行する危険性があると判断して、食生活や生活習慣を見直すことが重要です。

 

そのまま同じ生活を続けていると、脂肪肝になるのは確実です。たまってしまった脂肪は落ちにくいため、健康な肝臓を維持するためにも脂肪肝の予防を心がけましょう。

 

ストレスによる肥満は内臓脂肪が問題

 

社会がグローバル化する中で、肥満の原因の一つにストレスがあげられますが、その中でも問題なのはストレスによる肥満は皮下脂肪より内臓脂肪に溜まる事が多い事です。昨今、テクノロジーの進化によって生活が便利になる反面、やたら多忙になる現代人の日常生活がストレスを溜める大きな要因になっています。

 

例えば、休日も仕事の連絡が入るなど仕事のオンオフがうまくつけれなかったり、それに加えて職場での人間関係もうまくいかないなどそれによって、本当はストレス倍増しているのではないかと思うこともあります。そんな中、そのストレスによって肥満が増える現状の理由としてどんなことがあるのでしょうか。

 

まず身体はストレスを感じると、副腎皮質ホルモンのコルチゾールを作り、体内で抵抗しようとします。それによって、ストレスにつぶされることなく生活をしていくことができるのですが、コルチゾールを作るためのエネルギーが必要となり、脳に働きかけ、食欲をもたらすのです。

 

つまりストレスは、食欲を増進させるので、ダイエットも困難になってしまいます。さらには、脂肪に変わる速さが速くなり、脂肪の種類も左右します。その種類には、いざという時のためにエネルギーを貯蔵する役割のある「皮下脂肪」これはそれほど健康に害はないと言えます。そしてもう一つが、心臓病や糖尿病の原因となる「内臓脂肪」に分けられます。

 

さて、なぜ内臓脂肪が危険かと言うと、内臓脂肪は分解され脂肪酸になり、コルチゾールを放出し、インスリンが効きにくくなります。(インスリン抵抗性)効きにくくなることによりインスリンが放出され、血糖値が下がり食欲が出ます。よって、慢性ストレスは内臓脂肪になる傾向が強いので、身体にとって有害なのです。

 

また、女性は通常、お尻に脂肪がつきやすいのであまり害はないが、ストレスが上昇することにより内臓脂肪が多くついてしまいますので、ストレスを和らげる事がダイエットが成功する鍵とも言えます。

 

こちらもお勧め>>>脂肪燃焼サプリのおすすめ比較

 

エステサロンに通ってセルライトを解消しよう!

 

多くの女性の悩み、それがセルライト。今は様々な美容器具も普及しており、自分で解消することももちろんできますが、素人ではどうしてもプロの技術には劣ってしまうものですよね。知識量もプロには及びません。自己流のマッサージには不安もつきまといます。

 

ですから、セルライトを確実に、効率よく解消したいと思うなら、やはりエステに通うのが一番です。今、ほとんどのエステには、セルライト解消のための専用のコースが用意されています。

 

血液の流れやリンパの流れなど、体のしくみにも詳しいプロのエステティシャンに丹念に揉んでもらうことで、セルライトは効率よく、確実に解消されます。それだけではありません。マッサージによるリラックス効果も見込めるのです。人によっては痛いと感じることもあるかもしれませんが、そのぶん効果は強いでしょう。

 

もちろん、セルライトは一朝一夕になくなるものではありませんから、一回通っておしまいではありません。定期的に通う必要があります。お金はもちろんのこと、時間や労力もかかってしまいます。けれど、確かな効果を実感したいなら、自分でやるのと比べてもコストパフォーマンスとしては悪くないはず。一度体験してはいかがでしょう。詳しくはこちら⇒セルライトエステ調査サイト

 

 

肝機能低下は食事の改善が必須?

お酒の飲みすぎで肝炎になる場合がありますが、これは飲みすぎだけが原因ではありません。飲みすぎている上に食事を摂らないと、栄養失調の状態になり肝臓がアルコール処理しなくなりますが、それが原因で引き起こされる可能性が高まります。つまり食生活がしっかりしていれば肝機能が低下するリスクも減るということです。

 

肝臓に良いもの

 

一般的に肝臓にいいといわれているのはタンパク質、ビタミンC、ビタミンEです。過剰摂取するのではなく、適度に摂取するようにしましょう。多く摂取したからといって、高い効果があるというわけではありません。また、肝臓に良いものは食事以外にも肝臓にいいサプリメントからも補給が可能です。

 

食事の摂り方

 

まず、肝機能を向上させたい場合はお酒を止めて、腹八分の食事をとることを心掛けてください。お腹いっぱい食べてしまうと肝臓に負担がかかってしまいますので、腹八分でこまめに食事をとって負担をかけないようにしましょう。

 

タンパク質を摂取する場合

 

まず、前提としてタンパク質は肝臓にいい成分ですが、タンパク質ばかりの偏食になると逆に肝臓に負担がかかってしまいますので注意してください。タンパク質を摂取するのはいいですが、バランスよく摂取するということが大事です。

 

お酒を飲まないから安心じゃない

 

お酒を飲まない場合であっても脂肪肝になる可能性は多いにあります。お肉ばかり食べたりすると脂肪が肝臓に蓄積されて脂肪肝を引き起こしてしまいます。

 

お茶の飲みすぎもよくない

 

お茶にはタンニンが含まれていますが、タンニンは過剰摂取することで肝臓に悪い影響を及ぼします。もちろん適切な量なら問題ありませんので、とにかく何にしても飲みすぎには気をつけましょう。

更新履歴

Copyright (C) 2016 脂肪肝の治し方!おすすめサプリはこれだ! All Rights Reserved.